こんにちは。コロ助(@korosuke1ban)です。

YouTube動画を撮ったのでブログに貼っておきます。

 

 

いろいろなところでぼくが何度も書いている通り、初学者は4S一択です。

 

ただ、論パタと過去問をゴリゴリやっても合格レベルに到達しない人もいると思います。

ぼくがそうでした。

 

それで

「頭が悪い。」

とかも言われました。

 

しかし、それ以上に

「受かりたいならもっと頑張れよ。」

とか努力を否定するような言葉を「安全地帯」からかけらたのがずっとずっと辛かったです。

涙を何度も流したし、不眠症になって精神科にも行きました。

 

そして1534位の成績を見たときはこの世から消えたいほどショックでした。

「あんなに頑張って頑張ってこの成績かよ。」

と。

コロ助の2020年(令和2年)予備論文成績

 

でもぼくは負けませんでした。

それで、方向性を定めて最底辺から3ヶ月半で合格圏に這い上がり、本試験も1200位ブチ抜いて受かりました。

コロ助の2021年(令和3年)予備論文成績

 

予備口述も4位合格です。

 

頑張って頑張ってやっても成果が出ないなんてあんな残酷なことはもうぼくだけでたくさんです。

 

とにかくぼくの主張にはロジックがあります。

ただ、決して楽な方法ではありません。

しかし、再現性は高いので1年前のぼくのように論パタと過去問を必死でやっているのに成果が出ない人はぜひ最後まで見てください。

 

 

動画の最後で案内している

「司法試験予備試験の勉強を継続できてやり切れる環境(追い込みジム)」

ですが、かなり自信があります。

 

というのも、司法書士試験コミュニティとしてジムは結果を出してきたからです。

たとえば、ジム3期(令和3年)の合格率は11.8%でした。

 

合格者の内訳は

  • 司法書士試験1名
  • 予備試験1名(最底辺予備試験受験生コロ助)

です。

(基本的に司法書士試験のコミュニティでしたが、予備試験は司法書士に匹敵する難関試験なのでカウントしました。)

 

合格率4%ほどの試験で約3倍の合格率です。

この合格率はどの予備校のどのクラスよりも高いはずです。

だって、全国平均の3倍の合格率なら宣伝になるからバンバン公表しますよね?

 

そして、もっとすごいのはジムを継続した人は1周目で挫折しません。

司法書士試験では数十万円の予備校講座を取っても1ヶ月で半分の受験生が挫折して、最後まで残るのは2割と言われています。

しかし、ジムの継続率は100%です。

本気の仲間・ライバルがいる環境で、毎月身銭を切るんだから続けるに決まっています。

 

そんなわけで

「毎日こんなにゴリゴリ勉強していたらよそに負けないよな。」

と思っています。

 

 

それで、ジムは『ガチの本気で受かりたい受験生』だけしか入れない環境にしたいのでブログ等では直接案内せず、公式LINE限定です。

 

  • 学習効率が悪い
  • 時間がない
  • 継続できない

と悩んでいて最短最速で司法試験予備試験に合格したいのであればぜひ以下からLINE登録しておいてください。

さらに、今なら期間限定で15秒で終わるアンケートに答えてくれた方には有料級の5つ豪華特典をプレゼント中です。

 

今回の動画は初学者向けではなかったのですが、ジムは右も左もわからない初学者こそ学習継続できる良い環境です。

初学者は「成績を上げる」以前に「勉強を続ける」が大事になってきますが、「勉強を続ける」という行動レベルのことはジムで100%実現できるからです。

それに、ぼくは4Sと重問をやって予備に受かった人間なので勉強法のアドバイスもできます。

なので、ジムが気になる人や特典が欲しい人は良かったらどうぞ。

>>今すぐ無料でコロ助の公式LINEに登録する【有料級豪華5大特典!】