きっと、うまくいく

こんにちは。コロ助です。

今回はぼくが最高におすすめする映画をご紹介します。

ぼくが最高におすすめする映画は『きっと、うまくいく(3 idiots)』です。

『きっと、うまくいく』に出会ったきっかけ

『きっと、うまくいく』はインド映画で、映画大国インドで爆発的なヒットを記録し当時の興行収入を塗り変えたものすごい映画です。

ちなみに日本では2013年に放映されました。

インド映画というとぼくたち日本人にはあまりなじみがありませんよね。

観たことがないという人がほとんどだと思います。

ぼくもインド映画は『きっと、うまくいく』が初めてでした。

そんな馴染のないインド映画を観ることになったきっかけは、去年の1月に気分が沈んでうつ状態になってしまったことでした。

(参考記事:「ぼくが司法書士試験再挑戦を決意した理由。」)

そのときに「何か気分の晴れる映画ないかなー」と探していたら、『きっと、うまくいく』がAmazonレビューで五つ星ばかりの高評価で「おもしろそうだなー」と。

正直最初は「でもインド映画かー」という気持ちもあり、ためらっていました。

しかし、観た感想を読めば読むほどおもしろそう!

そういうことで人生初のインド映画を観ることになりました。

絶賛

期待に胸を高鳴らしながら観始めたインド映画。

「現在から過去を振り返る」という形で物語が始まっているので最初は何が何だかわかりませんでした。

奇妙なボケも「日本やハリウッドのものとちょっと違うな~」と思って、序盤は全然おもしろくありませんでした。

でもAmazonであれだけ絶賛されているんだからということで、レビューを信じてしばらく粘って観ることに・・・

 

30分ほどすると話がつかめ始め、そこからはもうのめり込むように観てました。

序盤のおもいもよらないシーンが終盤の大事なシーンの伏線になっていたり、奇跡が何度も起こったり。

終盤は本当に何から何まですべてがすごかったです!

観終わった後はこれまで味わったことのないような満ち足りた気持ちになり、本当に観てよかったと思いました。

落ち込んだときは何度も観返そう。

そう心に決めました。

「Aal izz well」という魔法の言葉

この映画には「Aal izz well」という言葉が何度も出てきます。

これは「きっと、うまくいく」という意味で、この映画のキーになっています。

『きっと、うまくいく』を観て「Aal izz well」に魅了されたぼくは困ったときや緊張したときは胸に手をあてて心の中でこの言葉を何度も唱えました。

司法書士試験の勉強中、試験会場に入ったとき、本試験中・・・

そしたら自分にも奇跡が起こってうまくいくような気がして心が和らぎました。

(参考記事:「100%勝つ気で闘る。」)

不安なときは今でもこの言葉を唱えています。

もはやぼくの魔法の言葉です。

この言葉を唱えれば、これからもきっとうまくいきますよ。

もう一回絶賛

この映画、とにかくもう最高です。

ぼく史上最高の映画!

この映画の良さはぼくの文章力ではとても伝えきれません。

というか、どんなに文章力がある人でも文字で伝えきるのは不可能。

なので、「実際に観てください!」としか言えません。

最高過ぎてぼくはもう4回も観ました。

最初に去年の1月に観て感動した後、4月に1回、そして司法書士試験本番前にもう1回と、試験前に計3回。

そして先日、4回目を観終えました。

2回、3回と観ていくと最初に観たときの感動がさすがに薄れていきますが、最初は気づけなかった伏線などがわかってそれはそれでおもしろいです。

まとめ

もしあなたがまだ『きっと、うまくいく』を観たことがないならぼくはうらやましくて仕方がありません。

ぼくがもう二度と味わえない一番最初に観たときに抱いたあの感情(感動、笑い、衝撃)をあなたは味わうことができるのだから!

気持ちが沈んでいる人

笑いたい人

暇な人

後悔はさせません。

死ぬまでに1回は絶対に観てください。

「インド映画」ということで抵抗感がある人もいると思います。

でもすべての日本人に観てほしい!

なお、『きっと、うまくいく』はプライムビデオ対象なのでAmazonプライムに入っている人はタダで観られます。

プライム会員はタダなんだから絶対に観てくださいね。

ぼくが何回も観てるのはタダだからです。笑

それでは一人でも多くの人が『きっと、うまくいく』を観て幸せになることを願って。