司法書士予備校伊藤塾

司法書士予備校を検討する際に多くの人が考えるのが伊藤塾ではないでしょうか。

伊藤塾はLECの次くらいに大きな司法書士予備校です。

司法書士の研修で出会った同期にも伊藤塾出身者は多数いました。

また、模試や答練は大手の中ではかなり割安で、ぼくは模試を利用してました。

講師は山村先生を中心に良い先生がそろっています。

なので伊藤塾はすごくよさげですよね。

 

今回はそんなよさげな伊藤塾の中上級講座について解説します。

なお、当記事は実際に中級コースと中上級コースを受講した方の体験も含めて書かれているため、内容は信頼できます。

そのうえ公式サイトには書いてないことばかりです。

さとしくん
おぉ!ざっくばらんに頼む!

>>【10/31まで最大35%OFF】伊藤塾の中上級講座について詳しくはこちら

伊藤塾の中上級講座

伊藤塾の中上級講座では、図表を多用し知識の横断整理がしやすいよう工夫されています。

また、基礎講座にない応用的な論点についての取扱いはあるものの、全体の5%ほどのようです。

さらに、「ここが本試験で出たらこう解く」といきなり解説があることもあり、「得点」を意識した 解説が多いのも特徴です。

司法書士試験界トップクラスの講師である山村先生の指導が記述の答練で受けられることも大きなメリットでしょう。

 

そして伊藤塾では中上級講座が「中級コース」と「中上級コース」の2種類に分かれています。

対象は次のとおりです。

  • 中級コース :択一式基準点に4~9問程度達していない人
  • 中上級コース:基準点に到達してる人

 

なお、中級コースと中上級コースはどちらも共通して、付属の問題とは別に1月から3月にかけて択一と記述それぞれ12回の答練があります。

ここで本試験レベルの問題をこなし、実践力を高めていきます。

中級コース

中級コースのメイン講師は北谷先生です。

中級コースの主眼は、一通り学習を終えたものの基本がまだ不足している人のためにその基本を補うことです。

講義の進め方は、はじめに趣旨をさらりと復習した後に間違えやすいポイントや混同しやすい知識を比較して解説があります。

「どうしてこのようになるのか」という理由付けも厚めにしてくれるので、学習経験者向けの講座の中でも基本が不足してる人にはやさしいといえます。

 

また、中級コースに付属する問題は入門講座のものとほぼ同一レベルです。

さらに、問題演習の解説も中上級講座より丁寧にされています。

よって、この点でも基本があいまいな人に適しています。

 

基本をある程度やってくれる一方で、講義時間が入門講座より短いのも中級コースの特徴です。

なのでアウトプットにより時間を割けるのがメリットです。

さとしくん
名前のとおり、入門と中上級の間って感じだな!
コロ助
初学者ではないけど、基本もやり直したい受験生には向いてるね。

>>【10/31まで35%OFF】伊藤塾の中級コースについて詳しくはこちら

中上級コース

中上級コースのメイン講師は宇津木先生です。

ちなみに「中級」は、インプットが中谷先生で択一答練の解説が宇津木先生と、択一は2人の講師が担当しますが、「中上級」の択一はすべて宇津木先生なので一貫した指導が受けられます。

 

 

中上級コースの受講生は基準点に達してることが前提のため、基本的な事柄については省略されることが多いです。

また、

「読んでおいてください。」

ということでページをどんどん飛ばす感じです。

趣旨の説明がないこともふつうにあります。

それから、いきなり

「このテーマで間違いやすいのはここです。 『ここ』と『ここ』をを比較してこのように整理してください。」

と解説されることもあります。

 

このように中上級コースは一見すると、不親切に思えるでしょう。

しかし、「講義」では基本的な事項が省略されることが多い中上級コースですが、「テキスト」には記載があります。

そのため、要点を講義で教えてもらい、あとは自力で復習することで基本事項もちゃんと抑えられます。

中上級者なら自力でガンガン勉強できますよね。

サクッと要点を解説・知識の横断整理→復習→サクッと要点を解説・知識の横断整理→復習

このループでどんどん実力が伸びます。

よって、中上級コースはある程度力がついて自力で学習できる中上級者には最適といえます。

コロ助
グダグダ解説されるより要点を簡潔に伝えてくれたほうが実力がつけば助かるよね。あとは自分で復習すればOK!

 

そしてテキストは図表が中心で中級以上に繰り返しやすい構成です。

コースの中にある問題は主に本試験の問題の易しいものが集めてあります。

 

中級コースとの一番の違いはその分量で、ページ数は入門講座の半分で中級コースの3/4ほどです。

中上級コースは比較整理してとにかく「繰り返しやすい」視点から講座が作られています。

さとしくん
繰り返し・繰り返しがしやすいのは中上級者には良さげだな!
コロ助
でも自分でしっかり復習できる人じゃないと、中上級コースは基本がぐらついて下手すると総合力が落ちそうだね。

>>【10/31まで35%OFF】伊藤塾の中上級コースについて詳しくはこちら

まとめ

「最も繰り返しやすいように図表を多用してコンパクトに比較整理したもの」が中上級コースです。

よって、アウトプット中心の学習ができるため、自学自習がしっかりできる中上級者に適しています。

しかし中上級コースは基本的な部分の解説や理由付けが省略されることもあるため、基準点に十分到達していても

「基本的な部分が弱いな。整理ができていないな。」

という受験生は中級コースをとるのが無難です。

それから基準点4~9問足りない人は中級コースの「対象」とされていますが、基本的な理解が不足してる可能性があるので基本からみっちり解説してくれる入門講座もおすすめです。

詳しくは下記記事をご覧ください。

>>【ここだけの話】司法書士予備校の中上級講座は必要ない説。【おすすめは?】

 

伊藤塾は入門、中級、中上級とその人のレベルに応じた講座が受講できます。

まず自分がどのレベルにあるのかを把握したら体験講義を聴いてください。

また伊藤塾は講師による受講相談(カウンセリング)も丁寧に行っているので、それを利用するのもいいですね。

 

そして「先生が合わないな。」と思えば、他校にすればOKです。

自分に合う最高の講座を見つけてください。

さとしくん
ウィッス!

>>【10/31まで最大35%OFF】伊藤塾の中上級講座について詳しくはこちらから