【絶対司法書士になりたい人へ 】勉強コミュニティのメンバーを募集します。

さとしくん
次の司法書士試験になんとしても合格したい。でも勉強の継続ができない・・・。

そんな悩みを持ってる受験生も多いのではないでしょうか。

来年受かるためには今ちゃんと勉強しないとヤバいとわかってても、心のどこかで余裕をかましてる自分がいるんですよね。

だから集中できないし、勉強も続かない・・・。

そんな「余裕をかましてる自分」が邪魔をして勉強が続かない人には「余裕をかましてる自分」をひっぺがす環境が必要です。

そこで余裕をかましてるけど余裕じゃないあなたのために、強制的に毎日勉強しないといけない環境を作りました。

本気なヤツだけが集まって、ジムで筋トレするようにゴリゴリ勉強して己を追い込むオンライン勉強コミュニティ、その名も「追い込みジム」です!

「追い込みジム」を始めた理由

【あなたのお尻を叩きます!】ぼくと一緒に勉強習慣を身に付けませんか?」で企画した無料サポートですが、たいへん好評でした。

終わった後に、

「コロ助さんの『監視』があったから勉強を続けられました!」

「延長してもらいたいです。」

「有料でもいいので続けてください!」

そういう声もいただきました。

大変なこともありましたが、サポートをやって本当によかったです。

 

しかし、ぼくも受験生なので個別に監視を続けていくのは難しいです。

とはいえ、勉強を継続できない人にちゃんと継続してもらいたい気持ちもあります。

力があるのに継続ができないのはすごくもったいないからです。

司法書士試験は継続さえできれば合格する確率がグッと高まります。

そこで、

コロ助
ぼくが個別に監視しなくても「司法書士受験生が勉強を継続できる仕組み」を作ろう!

ってことで、受験生が相互に監視し合うオンライン勉強コミュニティ、「追い込みジム」を始めました。

ちなみに有料です。

受験生にとって「継続」が一番の課題

立ち止まるな

司法書士試験合格のカギは「継続」です。

予備校で素晴らしい先生の講義を聴けば理解がはかどり効率よく勉強できます。

独学でもオートマのような素晴らしいテキストを使えば効率よく勉強できます。

しかし、いくら効率よく勉強できても自分で勉強を継続できなければ無意味です。

でもこの「継続」が難しいんですよね。

司法書士受験生にとって「継続」が何よりも大きな課題です。

自分で自分を律するのはたいへんなことです。

何かと理由をつけて勉強をサボってしまうことがぼくもありました。

コロ助
仕事が忙しい・・・。
コロ助
お付き合いがあるし。。

そうやっていつも言い訳を繰り返してました。

ライザップが結果にコミットできる理由

勉強の成果は「効率」と「継続」で決まるとよく言われますが、「効率よく勉強する方法」は本やネットに出尽くしています。

なので、くどいですが「いかに勉強を継続させていくか」が司法書士試験において重要です。

これはダイエットも同じだったりします。

方法論としては、

「摂生して運動する」

こんなみんな知ってる方法で誰でも痩せられます。

それでも痩せられない人が多いのは摂生と運動を「継続」できないためです。

痩せるためには「継続」さえすればいいんです。

そこでこの「継続」に目をつけたのがライザップです。

CMでよく見る男女のビフォーアフターに驚かされる人もいるでしょうが、ライザップは特別なダイエットを施してるわけではありません。

糖質を抑えた食事制限と筋トレなどの運動。

基本的にこれだけです。

こんなダイエットなんてネットで調べればすぐに出てきます。

その一方で人々がライザップを求めるのはライザップがダイエットを「継続」させてくれるからです。

ライザップには継続せざるをえない環境が整っています。

まず、多額の費用です。

ライザップの費用は安くても35万とかします。

めっちゃ高いですよね。

でもこれだけ出せばサボれません。

さとしくん
しっかり痩せて、絶対元を取ってやる!

と誰もが思うでしょう。

それにライザップでは監視システムも整備されています。

トレーナーがつき、逐一何を食べたとか、どんな運動をしたかなど報告しないといけません。

報告しないといけないとなるとやらざるを得ませんよね。

そのシステムでライザップは利用者に継続させ、結果にコミットすることができています。

追い込みジムは継続できる環境が整っている

ジムの環境

追い込みジムには継続できる環境がライザップ並みに整っています。

その継続できる理由はメンバー同士の

  1. 監視
  2. 競争
  3. 危機感

にあります。

監視

追い込みジムに入ればみんながあなたの「宣言」と「報告」を見ています。

つまり監視されているわけです。

誰かに宣言を見られる環境だと、宣言したノルマを達成しないと恥ずかしいのでサボれません。

それに、「誰かに見られる」となれば実力の伸びは圧倒的に早くになります。

部活で試合やコンクールがあるからこそメキメキと実力がつくような感じです。

毎日する「宣言」と「報告」があなたを日々進化させます。

競争

頑張っている人の日々の「宣言と報告」や「模試の成績」を見てると

「あの人があれだけやっているんだから自分も負けられない!」

という意識が芽生え、コミュニティ内で「競争」が生まれます。

競争すると、人は自分1人では出せない力を発揮します。

1人で走るより誰かと競ったほうが速く走れるという経験はみんなありますよね。

それは人間が負けず嫌いだからです。

競争によって1人では出せない力が発揮できるのは勉強も同じです。

「負けたくない!」という気持ちがあなたを勉強させます。

危機感

1人で勉強していると、試験直前になるまで危機感がわきませんよね。

人間はお尻に火がつかないと本気にならないんです。

しかし、追い込みジムでは毎日頑張っている人を見たり、優秀な成績を見たりするので

「自分はもうちょっと頑張らないとヤバい!」

と、「危機感」を日頃から抱くはずです。

そうやって常日頃から抱く危機感があなたをサボらせません。

メンバーにやってもらうこと

伸びしろジムでゴリゴリ勉強

コミュニティメンバーにやってもらうことを見ていきます。

ジムで筋トレするようにゴリゴリ勉強してもらうため、やってもらうことは少しヘビーです。

チャットで毎日やってもらうこと

チャットで毎日行ってもらうのは次の3つで1セットです。

  1. 前日やったことの報告
  2. 今日のノルマの宣言
  3. 振り返りや意気込みなど何か一言

特に宣言と報告は重要で、この2つから「宣言効果」と「締め切り効果」が得られます。

宣言効果

人に目標を宣言すると、それが達成できないと恥ずかしくて悔しいので、頑張ろうと全力を尽くします。

これを「宣言効果」と言います。

人は弱いので、自分の中でノルマを決めても「まあいいか」となりがちです。

しかし人にノルマを宣言をして、報告しないといけないとなれば途中で投げ出せません。

引っ込みがつかなくなるので、最後までやり遂げようと必死になります。

よって、ノルマ達成率が上がるんです!

ノルマを毎日こなしていけば、どんどん合格に近づいていきます。

締め切り効果

テストの前日や仕事の締め切りなど、締め切りが間近に迫ると驚異の集中力を発揮してやることを終わらせた経験はありませんか。

それは「締め切り効果」のおかげです。

デッドラインがすぐそこにあると人は頑張れるんです!

追い込みジムの場合、ノルマを宣言してもらったら、「やったこと」を翌日に報告してもらいます。

つまり猶予は1日しかないわけです。

そうなると毎日締め切りに追われることになります。

そのため毎日集中することになるので、ここでもノルマ達成率が上がり、一歩一歩合格に近づいていくんです。

 

「宣言・報告・一言」は以下のような感じでOKです。

10月19日済

・民法:テキスト1~90ページ【3時間30分】

・雛型:70~75【50分】

・不登法記述:1問【60分】

テキストを100ページまで終えるはずでしたが、10ページできませんでした。今日挽回します!

10月20日予定

・民法:テキスト p91~200

・雛型:75~80

・商登法記述:1問

また、グループチャットで自分のほかにも頑張ってる人が見えるので、「一言」は努力してる人やすごい人を称賛するのもいいですね。

例:○○さんがそこまでやってるのを見ると負けていられません。ぼくも頑張ります!

 

大事なのは毎日毎日報告を続けることです。

まったく勉強できなかった日でも報告してもらいます。

そうすることで勉強してない自分に気づくことができます。

あまりにも忙しかったり「特別な日」であったりして勉強できないのは仕方がありません。

それにぼくはオンとオフを設けるのも大事だと思っています。

それでも報告だけは毎日やってください。

目標達成シート

チャットは便利ですが、日々の報告で過去の報告が埋もれてしまうのが難点です。

そこで、毎日報告をするとともに「目標達成シート」も埋めてもらいます。

>>目標達成シート(サンプル)

上記の「目標達成シート」のようにまとめれば、自分の勉強はもちろんほかのメンバーの勉強も一目瞭然です。

こうやってほかのメンバーの進捗状況がわかれば、「自分も頑張らなくちゃ!」と良い焦りも生まれますよね。

 

また、心理学的に人は「達成」することで「やる気」がわきます。

毎日「目標達成シート」に色を塗って達成感を味わうことで、日々の勉強の継続も容易になります。

さらにしばらく目標達成シートを埋めていけば、「努力の跡」も確認できるでしょう。

その「努力の跡」は自信になり、試験本番の大きな武器になります。

>>【初心者でもOK!】Googleスプレッドシートの使い方。

※Googleスプレッドシートはスマホでは使いづらいのでPC推奨です。

模試・答練の成績発表

模試・答練を受けたらできるだ成績を発表してもらいます(強制ではありません)。

これは競争意識を高め、危機感をあおるためです。

また、良くない成績をとって発表するのは恥ずかしいので、普段の勉強にも力が入りますよね。

模試や答練を受けるのも強制ではないですが、自分のためにもみんなのためにも、受けたらできるだけ成績を発表してください。

やりとりの手段

「21日間サポート」と同じようにチャットワークを利用します。

ただ、今回はコミュニティなのでグループチャットです。

追い込みジム参加者にはぼくがグループチャット招待リンクをお送りします。

チャットワーク

チャットワークは、日本最大規模のチャットツールです。

もちろん無料で使えます。

チャットワークの始め方・使い方については、画像をたくさん使ってわかりやすくまとめた以下の記事をご参照ください。

>>【5分もかからない!】チャットワークの始め方

ぼくが提供すること(特典)

パートナー

ぼくが提供することは次の4つです。

  1. 監視
  2. 宣言と報告
  3. ぼくがやっている「最強の睡眠」のプレゼント
  4. 飲み代持ち

監視

追い込みジムでは基本的にメンバー相互で監視してもらいますが、ぼくもメンバーの勉強を監視します。

報告がない場合は個別に連絡させていただき、監視の効果を強めます。

なお2日連続であったり5回6回と報告を欠かす人がいたら個別に事情を伺って、適当な理由がないとこちらが判断した場合は退会していただきますのでご了承ください。

これはほかのメンバーに「半端な気持ち」を伝染させないためです。

また、私用でやむを得ず勉強できない日もあると思うので、その際は

「私用で勉強できませんでした。」

と報告だけはしていただければと思います。

宣言と報告

ぼくは2019年に合格する予備試験受験生です。

なので、ぼくもメンバーと同じように勉強を毎日宣言して報告します。

自分で言うのもなんですが、ぼくはストイックです。

そんなぼくはもともと3回受けないと行政書士試験に受からないヤツでした。

センスのない人間です。

でも司法書士には短期合格で117位、先日の認定考査は7位でした。

ぼくは努力で這い上がってきた人間です。

そんなぼくから受ける影響は半端じゃありません。

毎日するぼくの宣言と報告があなたをどんどん勉強させます。

「ぼくがやっている最強の睡眠」のプレゼント

受験勉強をやってると勉強ばかりに目が行きがちですが、勉強以外にも休憩や気晴らしが大切です。

特に睡眠は超重要です。

試験勉強や仕事でベストを尽くせるかは睡眠にかかっています。

そんな大切な睡眠は「質×量」で決まります。

質の高い睡眠をとれば、日中集中できるし、睡眠時間を減らして勉強時間に充てることもできるんです!

ぼくは睡眠について熱心なので、本をたくさん読んでて詳しいです。

4時起き22時就寝生活もしています。

そんなぼくが良質な睡眠をとるためにやっている「最強の睡眠」を伝授します。

>>【これで解決!】睡眠に悩む人に贈る、ぼくがやってる最強の眠り方。

飲み代を持ちます

合格したらメンバーで飲みましょう!

もちろん飲み代はぼくが持ちます。

受かった同期と仲良くなることは今後の人生においてすごく大切です。

その仲良くなる「場」を設けます。

飲み会を開催するとなったら人が多い東京や大阪になりますが、地方に住んでいて東京や大阪に出て来られない人もいると思います。

そんな人で、同期とは飲めなくてもぼくとサシで飲めればいいという変わった人がいればその人のところまで飛んでいくのでご安心ください。笑

対象者

司法書士に合格する準備できてますか

対象者は

「どうしても2019年に合格しないといけない!」

と覚悟を持った人です。

覚悟を持った人じゃないと毎日自分を追い込めません。

そんな覚悟を持って自分を追い込める、絶対司法書士になりたい人を募集します。

追い込みジム参加希望者は以下の事項に答えてお問い合わせフォームよりご入力・送信ください。

  1. 名前(ニックネーム可。その際は性別も教えてください)
  2. 簡単な自己紹介

予備校に行っている人、独学の人、誰でも歓迎します。

初学者の方でも大歓迎です。

とにかく「やるしかねー!」という人のご応募をお待ちしております。

 

なお12月31日までに申し込んでくれた人限定で、「ぼくが実践する記憶のコツ3選」として約2500字のレポートをプレゼントします。

この「記憶のコツ」はぼくが本を読んで実際にやってみて効果が高かったものを3つ厳選したものです。

有料級の情報なので申し込むのであればお早めにどうぞ。

料金

料金は月額6,980円(税込)です。

高いか安いかはその人次第ですが、月に1~2回飲んでいれば7,000円くらい余裕で飛びます。

「飲み会に充てるお金と時間を司法書士の勉強に投資してもいい!」

「これくらい、未来に対する必要経費だ!」

という覚悟のある人のみ読み進めてください。

有料にした理由

勉強コミュニティには無料のものもあるようです。

しかし、ぼくはあえて有料にしました。

その理由はぼくにも生活があるからというのもありますが、それ以上に次の2つが決め手です。

  1. 覚悟を決めてもらうため
  2. 本気の人だけを集めるため

この2つの理由があるので、追い込みジムは優良(有料)になります。

覚悟を決めてもらうため

有料にした理由の1つは覚悟を決めてもらうためです。

最初に大きな決意を抱いていても、無料だと人はどうしても長続きしません。

ライザップの利用者が継続できているのは費用がバカ高いからです。

利用料は数十万円もします。

そうやってある程度の出費をして身銭を切らないと、人は覚悟が生まれないんです。

さとしくん
身銭を切ってるんだからちゃんと勉強しないともったいない!

という「もったいない」が続けられる要因になります。

そうやって「もったいない」と思って続けるための「覚悟代」として、6,980円が最低ラインと思い、6,980円に設定しました。

本気の人だけを集めるため

有料にしたもう1つの理由は本気の受験生だけを集めるためです。

もし無料にすればいろいろな人が集まります。

「無料ならとりあえず入っとくか」と中途半端な気持ちでコミュニティに入る人もいるはずです。

そのような覚悟が決まっていない人は毎日の報告を続けられません。

報告をサボってしまう人がコミュニティの中で1人でもいると全体の士気が下がります。

  • 悪貨は良貨を駆逐する
  • 腐ったみかん
  • 割れ窓理論

いろんな表現がありますが、「良くない人」が全体に与える影響は思いのほか絶大です。

1人が報告をサボると「自分もいいかな」という人がほかに出てきて、コミュニティ全体のレベルがどんどん低くなります。

それでは受かりません。

ぼくが作りたいのはみんなで高め合えるコミュニティです。

「あの人がんばってるな、私も頑張らなきゃ!」

「あの人模試であんなに良い点数とれたんだ、俺ももっとやろう!」

そうやって本気の感情は伝染します。

なので本気の人だけを集めるために有料にしました。

みんなが本気で、お互いを高め合える。

それが最強のコミュニティであり、それが追い込みジムです。

お支払方法

支払いプラットフォームは「PayPal」を利用しています。

PayPalは、世界で2億5000万人以上が利用する「安全」で「かんたん」なオンライン決済サービスです。

応募メール確認後、PayPal決済用のURLをお送りするのでそこからお支払いをお願いします。

PayPal決済の流れについては以下のページにまとめたのでご参照ください。

>>【5分でできる!】PayPal決済の流れをチャチャッと解説します。

合格すれば全額返金!

合格すれば全額返金

結果が出なかったら「全額返金」あるいは「半額返金」ということをやってる塾や予備校もあるようです。

受からなかったときのことを考えたら、せめてお金だけは返ってきてほしい気持ちはわかります。

しかし追い込みジムでは「受からなかったら返金!」ということはしません。

受からなかったら全額返金・半額返金なんて、そんな保険あまっちょろすぎます。

努力して、継続して、結果にコミットすべきなのは追い込みジムのメンバー1人ひとりだからです。

なので追い込みジムは逆です。

追い込みジムに所属して2019年に受かった人には、「お祝い金」としてそれまで支払っていただいた分を全額返金します!

お祝い金はバカ高い研修費の一部にでも充ててください。

 

追い込みジムは受かれば無料です。

受からなければ払ったお金は戻ってきません。

「受かれば無料になる!」というチャンスがあるのに、そのチャンスを不意にするのはもったいないです。

その「もったいない」気持ちがあなたを本気にします。

合わなくても全額返金!

追い込みジムに入って勉強しても、「なんか違うな~」と思うことがあるかもしれません。

勉強法でもなんでもそうですが、人によって相性があります。

自分に合わないことを続けても時間とお金のムダです。

そのため、続けても力が伸びないと思ったら見切りをつけてください。

始めの1ヶ月で退会される場合、いただいた料金を全額お返しします。

「始めの1ヶ月」というのは1ヶ月で自分に合っているか判断できるからです。

始めの1ヶ月は返金保証がついているので、実質無料で追い込みジムを体験できます。

なので安心してとりあえず体験してください。

 

合わない人に時間をムダにさせてしまう点は申し訳なく思います。

ただ、何事もやってみないとわかりません。

そのため、実際にやってみて合わないことがわかれば、

「消去法的に自分の最適に近づいた。」

とポジティブにとらえていただければと思います。

さいごに

あなたが自分を律することができる人なら、コミュニティに入る必要はありません。

自分だけでやるのが本当の理想です。

なので自分で勉強できる人はそのまま続けてください。

しかし、もしあなたが自分が怠け者である自覚があって、「勉強しないと!」という気持ちがあるけど続けられない人なら追い込みジムに入るのは選択肢の1つです。

 

勉強が続かないあなたのために、やらざるを得ない仕組みが詰まった環境をぼくが用意しました。

あとはあなたが乗っかるだけです。

あなたが追い込みジムに参加して失敗するとしたら、環境が合わずに1ヶ月間の報告などで少しの時間を失うことです。

でもうまくいけば、勉強が継続できてる自分に変われます。

合格も可能です。

 

それにもしここで動かなければ、ずっと変われない自分のままでもう1年勉強することになるのは目に見えてるのではないでしょうか。

もう1年勉強となれば、また多額の費用がかかります。

1年で受かるにしても、数年かけて受かるにしてもどっちみち猛烈な努力をしないと司法書士は受かりません。

どっちみち猛烈な努力をしないといけないなら、短期集中でサクッと次で決めたほうが楽ですよね。

そして次で決めたほうが経済的です。

 

メリットとデメリットを天秤にかけて、参加してみる価値が少しでもあると思ったらすぐ行動してください。

行動した人から人生が変わります。

それでは、ご応募お待ちしております。

>>追い込みジムに申し込む

追記

本サービスは2019年7月7日までとします。

また、Googleスプレッドシートはスマホで使いづらいため、PC推奨です。

あと、最近少しメンバーが増えてきてチャットの報告を追うのがたいへんなのでもう1つグループを新設しようと考えています。

新しく入っていただく方にはその新しいほうのグループに入っていただく予定なのでご了承ください。