宅建は難しい

こんにちは。コロ助です。

宅建士試験まであと1カ月ちょっと。

去年の今ごろは不慣れな法律を見て四苦八苦していたなーとしみじみ思います。

少し長くなりましたが、以下ぼくの主観です。

宅建は難しい

宅建といえば、手軽に取れる簡単な資格だと世間やネットではよく言われていますよね。

ぼくもそのように思っていました。

しかし実際に勉強を始めてみると、宅建が簡単だなんてとんでもないと思いました。

宅建の難易度が低いというのは嘘です!

司法書士受験生のぼくが難しいと感じました。

それにこの意見にはロースクール生や司法試験受験生の方々も共感してくれました。

ロースクール生と司法試験受験生がそう感じているんだからこれはもう間違いありません。

 

宅建を簡単だという人はいろいろな人がいますが、その一部は数十年前に資格をとった人なんだと思います。

実際に昔の宅建は今と比べると簡単だったようですしね。

今の合格率は16~17%です。

これは一見、高い合格率に見えますが、別の見方をすれば8割以上が落ちる試験であるともいえます。

こんな試験は簡単でもなんでもありません。

行政書士にもいえることですが、今と昔で難易度に差がある資格に関しては上の世代の人たちのいう「簡単」という声には耳を貸してはいけませんね。

※2018年1月13日追記

今FPの勉強をしているのですが、宅建と被っている部分があるので語呂があって覚えやすい『らくらく宅建塾』も使用して勉強を進めています。

そのテキストを読んでいて思うのですが、やはり宅建は難しい。

よくこんなの短期間で詰め込んだなと思うほど、司法書士試験に合格した今も難しい試験であると思います。

でも脅すつもりはありません。

宅建の勉強をしていて難しいと感じても、難しいのが当たり前だと思って、気落ちしないでいただければ幸いです。

宅建に独学で合格した実体験

さて、ここからぼくの実体験を述べますが、ぼくはなんとか平成28年に宅建士試験に独学で合格することができました。

勉強期間はだいたい2ヶ月で、最初の1ヶ月は仕事の片手間という感じでした。

最後の1ヶ月はさすがにヤバいと思って勉強最優先でやりました(;’∀’)

模試は一切受けてません。

結果はというと、点数的にはかなり余裕がありましたが、紙一重です。

ぼくが短期独学で受かることができたのは

  1. テキストがよかった
  2. 司法書士受験のアドバンテージがあった

ということが大きいと思います。

テキストは『らくらく宅建塾』+αで

まずテキストですが、ぼくは『らくらく宅建塾』というテキストとその過去問を使用しました。

もともとぼくは『パーフェクト宅建』というテキストで勉強を始めたのですが、文章を読んでもなかなか頭に入ってこなくて困っていました。

そんなときに、Twitterでフォローしている宅建合格者の方々に教えてもらったものがこの『らくらく宅建塾』です。

 

宅建士試験は司法書士試験とかぶっているのが「民法(権利関係)」くらいで、ほかの科目は初学者も同然でした。

しかし、この『らくらく宅建塾』は非常にとっつきやすく、最後まで投げ出さずにやり続けることができました。

このテキストのいいところは、どうしても丸暗記に頼ってしまいがちなところも語呂合わせで覚えることができることです。

語呂合わせだと初学者で時間がないぼくでもスイスイ覚えられました。

なので『らくらく宅建塾』は本当にラクに受かりたい人にはオススメです。

ただし、このテキストはやや情報が不足しているようです。

特に権利関係はそれが顕著なんだとか。

情報が不足しているかどうかについては、宅建士試験についてほとんどわかっていないぼくはなんとも言えませんが、たしかに権利関係のページ数がちょっと少なくて

「宅建は本当にこれだけでいけるのか?」

とも思いました。

※テキストに占める権利関係の割合は大きいです。

重要科目である権利関係の情報が不足しているのであれば、それは致命的ですよね。

そこで、この情報不足を補うために、網羅性の高い『パーフェクト宅建』のようなテキストを使うのも一つの手です。

また、「行政書士試験は簡単なのか?」でも勧めましたが、宅建士のテキストと『オートマシステム』のような司法書士試験のテキストを併用してみるのもオススメします。

これなら権利関係はまずバッチリなので、ほかの科目で点がとれなくても合格できます。

実際に、ぼくは『らくらく宅建塾』と『オートマシステム』の併用で合格しました。

この組み合わせは最強の勉強法の一つです(*’ω’*)

『オートマシステム』については以下の記事で詳しく解説しています。

【保存版】司法書士試験独学でぼくが使用したテキスト・問題集まとめ。

司法書士受験のアドバンテージ

次に司法書士受験のアドバンテージがあったということですが、これがなければ合格するのにあと2、3か月はかかりました。

宅建士試験において「権利関係」は非常に重要な科目で多くのページが割かれています。

しかしぼくは権利関係の勉強をほとんどしませんでした。

それは先ほども述べたとおり、司法書士試験の最重要科目である民法と権利関係の範囲がかぶっていたからです。

しかも権利関係は民法と比べるとかなり浅い知識で点をとることができます。

なのでぼくは権利関係は飛ばしてほかの科目を重点的に勉強することができました。

もし司法書士受験で民法の勉強をしていなかったら権利関係を飛ばして勉強するなんて荒業は到底できなかったので、アドバンテージには本当に助けられましたね(;´∀`)

まとめ

宅建の名称が2015年に「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」に変わりました。

これを受けて宅建士試験が難化するのではないかと言われています。

本当にそうなるかは定かではありませんが、そうなった場合は早くとっておけばよかったとなることが明白なのでとれる人は早めにとっておいたほうがよさそうです。

ぼくもこのことを理由に昨年受験しました。

司法書士受験を終えた人で宅建を受ける人もいると思いますが、勉強は今からでも全然間に合うので自信を持ってくださいね。

難しく感じてもほかの人も難しいと思っているから大丈夫です。

本当に難しいんですから(;・∀・)

 

最後に、宅建受験を通して思ったのは、先人の教えは大事だなということです。

今思い返してみても『らくらく宅建塾』がなければ短期合格は困難でした。

何かを始めるときは結果を出している人に教えてもらったほうが結果がでやすい。

これはあらゆることに言えることですね。

何かを始めてみるときや行き詰まったときは結果を出している人から学びましょう。

それではまた( `ー´)ノ

宅地建物取引士試験についてほかの角度からぼくの体験談を書きました。

宅建受験当時の辛かったことなども書いているのでよかったらどうぞ。

小さな成功体験が大きく飛躍する糧になる!宅建士試験を受けて本当によかった話。

参考テキスト

らくらく宅建塾

ぼくが使用したものとはデザインがかなり変わっていますが、中身は変わっていないようです。

とにかくラクして受かりたい人におすすめ。

このシリーズの過去問の『壱』、『弐』、『参』もわかりやすくてよかったですよ。

パーフェクト宅建

個人的には文章が硬くてとっつきにくいと思いました。

オートマシステムで勉強していたからですかね・・・

でも、網羅性は抜群で信頼の厚い評判のテキストです。

 

宅建に限らず資格試験のテキストや過去問は高いので、立ち読みをしたり、レビューを参考にしたりして自分にあったものかをよく考えてから買うようにしてくださいね。

パーフェクト宅建の基本書と過去問を買って途中で乗り換えたぼくが言うのも何ですが( ;´Д`)