司法書士試験 午後択一 スピード勝負

こんにちは。コロ助です。

今回も前回「【司法書士試験】午前択一は時間がある。じっくりゆっくり解こう。」に引き続き、ぼくがどんなふうに司法書士試験の問題を解いたかについて書いていきます。

今日は午後択一です。

午後択一は午前択一と違って、圧倒的に時間がありません。

なのでスピード勝負です。

ぼくは自分が記述が苦手だということを認識していました。

そのため、記述の時間を確保するために模試のときから午後択一はできれば50分以内に、最低でも60分以内に解くようにしていました。

60分以内に午後択一を解くためにすることは、ズバリ全肢を読まないことです。

読む肢を少なくすれば、時間を短縮させることができます。

このやり方で本試験も超緊張状態の中、60分をちょびっとオーバーしたくらいで解け、苦手な記述にたっぷり時間を割くことができました。

ちなみ、全肢を読まないというのは(ぼくの知る限り)合格者のほとんどがやっていることです。

全肢読んでいたという人は一人しかまだお会いしていません。

やはり時間のない午後択一は全肢読まないのが王道みたいです。

あと、「午後択一を全肢読むか」についておもしろそうな記事があったので参考にどうぞ。

(参考記事:「「午後択一は全肢よむか?」と「直前期の松本への個別相談枠の追加」」)

しかし、この全肢読まない解き方は諸刃の剣にもなりえます。

読まない肢があるので、場合によっては思わぬミスを連発し、ボロボロ落とすことにもなるからです。

ぼくは全肢検討していたら絶対にしないようなくだらないミスを本試験で2つ犯してしまいました。

(参考記事:「オワタ。」)

それでも午後択一は29とれました。

それはオートマシステムとでるトコをほぼほぼ完璧にして試験に臨んだからです。

この全肢を読まないという解き方はテキストなど、使用している教材をほぼほぼ完璧にしているというのが大前提です。

その為、知識の定着が甘いという人は、全肢を読まないで解く練習をするよりまずはしっかり知識をつけてください。

 

ぼくが解いていた具体的な方法は以下の通りです。

  1. ザッと問題を見て、目に入った見覚えのある肢を解く。
  2. 一肢解いたら答えを絞る。
  3. 絞った肢から見覚えのある肢を探して解く。
  4. 答えをさらに絞る

テキスト(参考書)・問題集をほぼほぼ完璧にした状態でこのように解けば、60分ほどで、かつ基準点を余裕を持って上回りながら解答するのも可能です。

 

解いた順番は以下の通りです。

民事訴訟法→民事保全法→民事執行法→司法書士法→供託法→商業登記法→不動産登記法

基本的には問題が並べられている順番通りに解きました。

不登法と商登法の順番を逆にしたのは、辰已の松本先生が商登法から先に解くのをおすすめしていたからです。

(参考記事:「これを必ず記憶してください→「13:02」「13:13」「13:29」 「14:00前後」(14:10)」)

先生曰く

近年は,商業登記法のほうが不動産登記法よりも獲りやすい問題が多いです。よって,「商業登記法を1問1分で解くことになり,商業登記法を半分くらい間違えた」という事態を避けるため,商業登記法から先に解くべきです。

とのことです。

ぼくは過去問の研究をしたことがないのでよくわかりませんが、商登法のほうが獲りやすい問題が多いのであれば商登法から解くのはもっともだと思います。

 

2つ3つしか肢を読まずに先に進むのは精神的にしんどいものです。

先に進みながら前に解いていた問題のことを考えることもあります。

しかしたった3時間で択一35問、記述2問を解かないといけないことを考えれば、割り切る勇気を持つことも必要です。

なので、勇気を持って前に前に進みましょう。

それでは次回は記述について書いていこうと思います。

記述:「【司法書士試験】記述は解ききれない。開き直って生きていこう。